茨木市駅から徒歩6分!腰痛から女性特有の症状まで当鍼灸院にお任せ下さい!

そがはり灸院


ドケルバン病(親指付近の痛み)

 
ドケルバン病とは、手の使い過ぎ、特に親指の使い過ぎで炎症を起こしたものです。
 
手の使用頻度の高い、中年以降の女性や妊娠後期、出産直後の女性に多いそうです。
 
症状は、親指を使う時に、親指が痛んだり、手首の親指側の痛みなどです。
 
診断法として有名なのが、フィンケルシュタインテストというものがあります。このテストは、グーで握り、親指を他の4本の指の中に入れて握ります。その状態で手首を小指の方へ曲げます。親指を引っ張るような形になります。そうすると、手首の親指側が痛くなるというものです。
 
一般的な治療法は、使い過ぎなので安静にする。湿布や消炎鎮痛薬内服。症状が強く長く続く場合には手術もあります。
 
当院の治療ではまず、自然治癒力を高める為の治療をします。この治療で使うツボは主に、腕では肘から手首にかけて、足では膝から足首にかけてのツボに鍼をします。これは本治法(ほんちほう)と言いますが、この鍼をする事により、症状の改善が良くなります。
 
ドケルバン病に対しては、経絡的に考えると「手の太陰経」「手の陽明経」という経絡がありますので、この経絡上にあるツボの反応をしっかりと見極めます。
また、背中にも著明な反応が出ている場合がありますので、背中のツボも治療ポイントとなります。
 
鍼灸治療をあまり受けた事がない方にとっては、親指が痛いからと言って最初に鍼灸院に来られる方は少ないと思います。
しかし、他の症状などで定期的に来院されている方は、症状が現れてもすぐに他の症状と一緒に治療しますので治りが大変早いです。
 
この様に当院の特徴は、全身治療ですので身体に現れている症状全てに対してアプローチします。
例えば、ドケルバン病と腰痛と更年期障害と頭痛と浮腫みと鬱症と・・・などなど、対症療法ではなく随証療法である経絡治療の素晴らしさがここにあります。

そがはり灸院のご案内

住      所:
〒567-0821 大阪府茨木市末広町4-18
アクセス:
阪急京都線 茨木市駅から徒歩6分
お問い合わせ・ご予約
072-665-8018
営業時間:
9:00~22:00
定休日:
日曜日、祝祭日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ